乾燥肌対策の基本、まずは洗顔から考えていきましょう。

洗顔は美肌づくりの基礎であるのみならず、乾燥肌対策にとっても大変重要なものですが、
大切なのは洗顔の方法と洗顔料選びです。

洗顔の方法でまず注意するのは、お湯の温度です。
お湯の温度が高すぎると、肌のバリア機能が壊され乾燥を招いてしまいます。
洗顔をするときは、30~34度のお湯を使いましょう。

肌をゴシゴシ擦るのは、絶対NGです。
洗顔はやさしく行うのが大切。ゴシゴシ擦ると肌を傷め、乾燥肌を招いてしまいます。

また、洗いすぎにも注意です。
特に秋や冬は、肌が乾燥しがちで、「水分」と「油分」の両方が不足している状態です。
クレンジング&洗顔料を使った洗顔の“W洗顔”では必要な脂分まで取り去ってしまう可能性があります。

朝は肌質によっては洗顔料を使わなくても大丈夫です。
適温のお湯でやさしく洗いましょう。

乾燥肌対策の洗顔では、肌を守るのに必要な脂分まで取り除くのは避けることが重要です。
それには、洗顔の方法に気をつけるのと同時に、洗浄力の強すぎない洗顔料を選ぶことも大切です。

肌質に合った洗顔料を選ぶことにも注意を払うのと同時に、洗顔料 人気の口コミなどを参考にされるのもいいでしょう。