乾燥肌対策

目元のケア:乾燥肌対策

乾燥肌対策, 目元ケア

目元のケアはスキンケアの中でも大切な部分です。
目の周りは皮膚が薄く、年齢が出やすい場所でもあります。

目の下のクマや目の下のシワに悩む方も多くおられます。
デリケートな部分だけに注意深いケアが必要です。

目元が乾燥すると、シワを引き起こすことになります。
また、血行の滞りは目の下のクマの原因となります。

保湿効果のあるコスメを使い、保湿を心がけることや、
血行を促進する対策を行うことが大切です。

時にはゆっくりと時間をとって、炭酸パックなどの新陳代謝を活性化するスペシャルケアを行うことも、
目元のケア、クマをなくす方法として望まれます。

乾燥肌対策:ターンオーバーの正常化

乾燥肌対策, 乾燥肌対策のコスメ

人間の肌において、保湿に重要な役割を果すのが、皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、そしてセラミドです。
細胞間脂質の40~60%を占めるセラミドは、保湿に大きな役割を果しています。

そんな大切なセラミドですが、
加齢やストレス、環境や気候の変化などで減少します。
最も大きな要因は加齢です。

乾燥肌対策のためには、減少したセラミドを補い、肌を健やかに保つことが大切となります。

セラミドが生成されるのは、ターンオーバーのプロセス中です。
ですので、ターンオーバーが乱れると、セラミドが正しく生成されず、
乾燥肌を招く要因となります。

ターンオーバーの正常化のためには、生活習慣の改善や十分な睡眠などが挙げられますが、
ターンオーバー正常化促進のため、炭酸パックを利用するのもひとつの方法です。

炭酸パックは、肌細胞を活性化させ、新陳代謝を促します。
これにより、ターンオーバーの正常化促進につながるのです。

乾燥肌のための洗顔方法

乾燥肌対策, 洗顔

乾燥肌対策の基本、まずは洗顔から考えていきましょう。

洗顔は美肌づくりの基礎であるのみならず、乾燥肌対策にとっても大変重要なものですが、
大切なのは洗顔の方法と洗顔料選びです。

洗顔の方法でまず注意するのは、お湯の温度です。
お湯の温度が高すぎると、肌のバリア機能が壊され乾燥を招いてしまいます。
洗顔をするときは、30~34度のお湯を使いましょう。

肌をゴシゴシ擦るのは、絶対NGです。
洗顔はやさしく行うのが大切。ゴシゴシ擦ると肌を傷め、乾燥肌を招いてしまいます。

また、洗いすぎにも注意です。
特に秋や冬は、肌が乾燥しがちで、「水分」と「油分」の両方が不足している状態です。
クレンジング&洗顔料を使った洗顔の“W洗顔”では必要な脂分まで取り去ってしまう可能性があります。

朝は肌質によっては洗顔料を使わなくても大丈夫です。
適温のお湯でやさしく洗いましょう。

乾燥肌対策の洗顔では、肌を守るのに必要な脂分まで取り除くのは避けることが重要です。
それには、洗顔の方法に気をつけるのと同時に、洗浄力の強すぎない洗顔料を選ぶことも大切です。

肌質に合った洗顔料を選ぶことにも注意を払うのと同時に、洗顔料 人気の口コミなどを参考にされるのもいいでしょう。